注目キーワード
  1. 道具
  2. 材料
  3. 家具
  4. 収納

ベランダのすだれの付け方!壁に穴を空けずに自分でできる方法

ベランダのすだれの付け方は自分でも工夫次第で簡単に付けることができます。マンションなど賃貸の場合、すだれを付けるのに壁に穴を空けたくない人も多いでしょう。

そこで、壁に穴を空けずに自分でベランダのすだれを付ける方法について、クリップですだれをつける方法や物干し竿を使った簡単な設置方法、突っ張り棒を使って設置する方法やすだれの効果とメリット、すだれを付ける注意点などお伝えしていきましょう。

これで、壁に穴を空けずに自分でベランダにすだれを付ける方法がわかり夏の暑さ対策ができます。すだれを付ける前には必ず管理人に確認をするのも忘れずにしましょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドアノブを新しいノブに交換!レバー式に変える方法と注意点

握り玉タイプのドアノブが調子が悪くなり交換を考えた時、今までのドアノブとは違ったレバー式のドアノブを...

アルミ塗装は剥がれることが多い!DIYは避けた方が無難かも

アルミ専用の塗装が店頭に並び、今ではDIYでもアルミ塗装が出来るようになりました。ただ注意したいのが...

水道の蛇口が固い!回りにくい場合の解決方法

水道の蛇口がいつからか回りにくい、固いと感じる事ありますよね。特に長年使用をしていて、メンテナンスな...

エアコンの取り付けをDIY!用意するものや注意点について解説

エアコンを新しく設置する場合、少しでも安くするために取り付けをDIYで行おうとする人も多くなっている...

蛇口の交換【風呂】必要な道具と自分でするときのコツや手順

風呂の蛇口も毎日使うことが多く、年数による寿命や不具合が生じたときには交換が必要になります。ただし、...

ドアノブの交換!鍵付きに交換するポイントやメリットについて

ドアノブが古くなったり、鍵付きにしたいと思ったり、お家のドアノブの交換を考えることありますよね。...

床のシートをクッションフロアーを使って張り替える方法

床のシートが色あせてしまったり、掃除をしても汚れが取れなくなってしまったりすると、部屋がくすんだ印象...

シャワーホースが外れた時の交換手順!自分でホースの交換

浴室のシャワーホースが外れたり、水漏れが起こってしまうと、まずは業者に連絡をしなくては、と考える方も...

スポンサーリンク

ベランダのすだれは壁に穴を空けない付け方がオススメ

熱を遮断しつつ風を程よく通してくれる、日本ならではのアイテム、すだれ。一般的にはすだれハンガーを窓のサッシに取り付けて使いますが、賃貸なので穴を開けられないという場合もあります。
そんな時にもすだれを掛けられる、壁に穴を開けない方法を使ってベランダに設置してみましょう。

クリップを使ってベランダにすだれを取り付ける方法

一般的な事務用品として使われるクリップです。ゼムクリップとも呼ばれます。このクリップを指で広げ、フックのような形状にして窓のサッシに引っ掛けます。そしてこの引っ掛けたクリップにすだれを取り付けていきます。しっかり留めるために複数箇所、留めてください。耐久性は疑問があるので風が強く吹いた時などは注意が必要かもしれません。

もう1つ、ちがうクリップで留めるパターンもご紹介します。書類をまとめる部分とおさえる部分が一つになった、ダブルクリップを使った方法です。中サイズのダブルクリップを使って、窓枠などクリップを挟めそうなところに挟み、結束バンドを取り付けたすだれをクリップに取り付ければ完成。このタイプのクリップはホールド力が高いので、結構しっかりと留められます。

ベランダに物干し竿があるならすだれの付け方は簡単

ベランダの高い位置に物干し竿がついているのなら、それを使うのが一番簡単です。

ベランダの高い位置にある物干し竿に、すだれを紐などでくくりつける方法も

動かないように紐でしっかりくくりつけるのが大事です。

すだれの裾をベランダの外に出すとアパートやマンションの規約によっては違反する可能性があるので、柵の内側で処理しておくことをおすすめします。

洗濯物を干す場所はなくなってしまいますが、普段外干ししないのならOK。それか、すだれを巻き上げれば洗濯物を干す場所は作れます。風が強い時も巻き上げておきましょう。

もし物干し竿がついていなかったり低い位置にしかついていなかった場合は、次の項目をお試しください。

ベランダのすだれの付け方は突っ張り棒も使える

物干し竿がちょうどいい位置にないのなら作っちゃいましょう。

突っ張り棒を使って、ベランダにすだれを掛ける方法

頑丈な壁があるところか、窓枠にはめられそうなスペースがあれば、そこに突っ張り棒を設置します。突っ張り棒はしっかりと留めれば結構強力です。
100円均ショップでも購入することができますが細いものが多いので、ホームセンターやインテリアショップなどでしっかりと太さと耐久性のあるものを選ぶことをおすすめします。
突っ張り棒をつけるのにちょうどいい壁がなければ、作るという手もあります。

突っ張り棒を2本買ってきて、「縦」に設置します。あとは適当な横棒をくくりつければOK。この横棒にすだれをくくりつけます。

壁に穴をあけたり工具いらずでできる方法です。

ベランダにすだれを付ければ電気代も節約できる

すだれは熱遮断効果がある

古くから使われてきたすだれは、窓から差し込む暑い日光の日差しを遮ることができます。すだれの素材は熱を伝えにくいという性質があるので、熱を遮断しながらも風を通します。エアコンや扇風機と併用することで電気代を節約しながら涼をとることができるでしょう。目隠し効果にもなります。窓だけでなく、エアコン室外機にすだれを使って日光を遮るのも効果的です。見た目にも涼しく、視界からも癒しを得ることができます。一緒に風鈴をつけたら古き良き日本の夏の雰囲気を味わえますね。

初期費用も安い

すだれは安くて300円~、高くても~2000円程度なので、エアコンやブラインドなどと比べて初期費用を安く済ませることができます。一人暮らしの賃貸の方にもぴったり。樹脂製のもの、自然素材のもの、ロールアップできるもの、吊り下げできるもの、様々なタイプのものが売られていますのでお部屋に合わせたものを選びましょう。

すだれを付ける前に確認しておくべき注意点

いいじゃん!すだれ!と、早速すだれを付けようとしている賃貸マンション住まいの方には注意しておきたいことがあります。

  • 風で飛ばされることがある
    しっかり設置しないと、突然強風が吹いた時や天候が荒れた時にすだれが外れて外に落ちてしまう可能性があります。とくに賃貸は壁に穴を開けることができないため簡易的な設置になりがちです。もし落下して下に歩いている人に当たったりなどしたら、大変危険です。そのようなことが起こらないよう、しっかり設置しておく、悪天候の時はすだれは巻いてしまっておく、すだれの下部は外に垂らさず内側で処理しておくなどの対策が必ず必要です。
  • 景観を損なうおそれがある
    マンションによっては、ベランダに何かを置いたり布団を干したりということが景観を損なうため禁止としている場合があります。その場合すだれもNGとなる可能性が高いです。景観というのはマンションの印象、引いては住んでいる人たちの品性にも繋がります。そのためそういうルールがあった場合は、従った方がいいでしょう。マンションの規則を再度確認しておきましょう。