注目キーワード
  1. 道具
  2. 材料
  3. 家具
  4. 収納

水道の蛇口が固い!回りにくい場合の解決方法

水道の蛇口がいつからか回りにくい、固いと感じる事ありますよね。特に長年使用をしていて、メンテナンスなどをしていない場合については、そのような不具合が出ることは少なくありません。

パッキンの劣化や潤滑油不足など、長年使用している事によって起こる経年劣化が理由となる事が多く、仕方がないといえます。

そこで水道の固い蛇口は自分で修理が可能なのか?自分で出来る解決方法についてご紹介をいたします。修理が可能な蛇口かどうか、蛇口のタイプも重要となりますので、必ず確認をしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

蛇口の交換【風呂】必要な道具と自分でするときのコツや手順

風呂の蛇口も毎日使うことが多く、年数による寿命や不具合が生じたときには交換が必要になります。ただし、...

アルミ塗装は剥がれることが多い!DIYは避けた方が無難かも

アルミ専用の塗装が店頭に並び、今ではDIYでもアルミ塗装が出来るようになりました。ただ注意したいのが...

ドアノブの交換!鍵付きに交換するポイントやメリットについて

ドアノブが古くなったり、鍵付きにしたいと思ったり、お家のドアノブの交換を考えることありますよね。...

ドアノブを新しいノブに交換!レバー式に変える方法と注意点

握り玉タイプのドアノブが調子が悪くなり交換を考えた時、今までのドアノブとは違ったレバー式のドアノブを...

シャワーホースが外れた時の交換手順!自分でホースの交換

浴室のシャワーホースが外れたり、水漏れが起こってしまうと、まずは業者に連絡をしなくては、と考える方も...

エアコンの取り付けをDIY!用意するものや注意点について解説

エアコンを新しく設置する場合、少しでも安くするために取り付けをDIYで行おうとする人も多くなっている...

ベランダのすだれの付け方!壁に穴を空けずに自分でできる方法

ベランダのすだれの付け方は自分でも工夫次第で簡単に付けることができます。マンションなど賃貸の場合、す...

床のシートをクッションフロアーを使って張り替える方法

床のシートが色あせてしまったり、掃除をしても汚れが取れなくなってしまったりすると、部屋がくすんだ印象...

スポンサーリンク

水道の蛇口が固い、回らない原因について

経年劣化

ゴムパッキンの磨耗、パーツの錆びなど、経年劣化によるものです。パッキンなどは消耗品で寿命もあります。このまま放置してしまうとさらに劣化が進み他の部分にも影響してしまったり、異音がしたり水漏れを引き起こすことがあるので、気づいたら早めに新しい部品に交換する必要があります。

水道水の成分の付着

水周りには水垢が発生しますが、同じように水道水の成分が固まってできる水垢が蛇口内部にも付着している可能性があります。分解して綺麗にしてグリスを塗るか、専門業者に掃除してもらうか、度合いによってはバルブの交換を行う必要があります。

パッキン部分の油分切れ

蛇口のパッキン部分には潤滑油として水性シリコングリスが使われており、使用しているうちにこのグリスはだんだん無くなっていきます。グリスが切れてくるとハンドル部分が固くなり、回しにくくなります。この場合はグリスを足すことで解決できる場合もあります。

水道の蛇口が固いのは締めすぎ?硬い蛇口を簡単に回す方法

固くなっている蛇口を無理に開けようとすると手が痛いので、タオルを蛇口に巻いてから回すのがおすすめです。
固いビンの蓋などを開けるときと一緒ですね。タオルを使うことで手をいためず、力が蛇口に伝わりやすくなるため必要以上に力を入れなくても開けやすくなります。

力を入れても回らない場合は、様子を見た方がいいかもしれません。内部の錆びが激しい、異物が溜まっている場合は無理に力を入れても開かない場合があります。この場合無理に回すと故障の原因になりかねないので、とりあえず他の水道を使うか、業者を呼んだ方が良いです。

水道の蛇口が固い理由がグリス切れの場合の対処方法

水道の蛇口が固い原因としてグリス切れな場合は、グリスを足すことで解決することがあります。

自分でホームセンターで水性シリコングリスを購入して行うこともできますが、必ず蛇口専用のものを使ってください。専門知識を持っていない場合はできれば業者に頼むのが安全です。

やり方としては、まず水道の元栓を閉めます。これを忘れると水浸しになってしまうおそれがあるため必ず閉めましょう。そして必要ならドライバーかレンチを使用し、蛇口のハンドル部分を開け、バルブ、スピンドル部分に綿棒につけたグリスを塗布します。スピンドル部分に汚れやカルキが付着している場合は綺麗にしてから行います。パッキンには塗らないよう注意しましょう。つけすぎも×です。
ノズルとパッキンの間に塗ると、ノズルが動きやすくなります。

簡単にスピンドルを引き出せるものでしたらやりやすいですが、そうでない場合は難しいので、自分で行うのはやめておいた方が無難です。

グリス不足でなく部品の劣化により蛇口が固くなっている可能性もありますので、その場合はグリスでは解決しません。業者に依頼して見てもらった方が良いでしょう。

水道の蛇口の修理は部品交換が必要な場合もあります

固い蛇口の修理は、グリスを足すか、それで改善しない場合はスピンドルやパッキンを交換することで直すことができます。

単水栓であれば構造も混合栓に比べたら複雑ではないので、自分でもやりやすいでしょう。ホームセンターにてグリス、スピンドル、パッキン、工具類などは揃えることができます。サイズも豊富にあります。

素人でどのグリスを使ってよいかわからない、どこに塗ったらよいかいまいちわからないという場合は、部品交換してしまった方が確実です。スピンドルやパッキン交換は費用はそこまでかからず3000円程度で済ませられます。業者に依頼するならもう少しかかってきますが、それでも相場としては1万円内で済むことが多いです。

お手入れのやり方を紹介している水道メーカーや水道業者のHPを参考にするのも手です。
自分で行う場合は、万が一のリスクも考えて慎重に行いましょう。自信がなければ専門業者に頼みましょう。

プロに水道の蛇口修理を頼んだほうが良い場合について

水道のメンテナンスは自分でできることもありますが、素人が分解・対処するのは大変なので業者に頼んだ方が安心でしょう。特にシャワーヘッドがついているタイプなどは構造が複雑で難しいです。むやみに手を出すとさらに蛇口を故障させてしまう可能性もあります。もし蛇口を変形させてしまったら、さらに修理費がかかってしまうおそれがあるので、いずれにおいてもあまり自信がない場合は業者に修理依頼することをおすすめします。

自分で対処しても、もしかしたら原因が他の箇所にあることもありえます。
その場合気づかなかった場所の劣化がどんどん進み、水漏れトラブルなどを引き起こしてしまうおそれがあります。
部品交換をしても改善されない場合は、蛇口そのものを交換する必要があります。
蛇口の寿命は10年ほどと言われています。10年以上経過している蛇口は、交換を検討しても良いでしょう。蛇口交換も自分で行うのは難しいので、業者に依頼した方が安全です。