注目キーワード
  1. 道具
  2. 材料
  3. 家具
  4. 収納

100均のペンキローラーを上手く使いこなすコツについて

DIYをすると最後の仕上げとして待っているのが塗装です。刷毛を使用すると意外と時間がかかってしまい、そのうえ塗りムラが激しく出てしまうことも。

そこでおすすめなのがペンキローラー。ひと塗りで大きな面積を塗装することができて便利ですよ。またペンキ同様に100均で購入が可能です。

ペンキローラーを洗って再使用することが面倒だという方も、ぜひ100均のローラーを検討してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロゼットを結婚式のために作ろう!手作りでも簡単にできます

「勲章」の意味があるロゼット。簡単に手作りできることから、結婚式に使う人も多いと言われています。...

ウェルカムボードの作り方【造花でオシャレに】取り付け方やコツ

最近の結婚式ではウェルカムボードを手作りするのが人気です。ウェルカムボードの作り方は、造花を使う...

発泡スチロールの切り方をきれいに!専用道具の使い方と注意点

発泡スチロールの切り方をきれいに切るには、専用の道具を使うと簡単にどんな形でも切ることができて便利で...

ペーパーフラワーの作り方は簡単!アレンジして部屋に飾ろう

ペーパーフラワーを作ってみたいと思っていても、どうやって作ればいいのかわからない人も多いのではないで...

お菓子のブーケの材料を100均で揃えて簡単に作ってみよう

お菓子で作るブーケ、自分で作ってみたいと思っても。見た感じで「難しそう」「お金がかかりそう」と思って...

タンブラーの台紙を替えよう!オリジナル台紙の作り方を解説

職場に持参する人も多いタンブラーですが、台紙を替えて自分だけのオリジナルタンブラーを作ってみませんか...

つまみ細工は100均グッズで作ろう!材料と作り方を徹底解説

子供の七五三のために、つまみ細工を手作りしたいとおもってもどんなものが材料として必要なのか、気になっ...

お菓子を使ってブーケを手作り!結婚式のために作ってみよう

結婚式のブーケトスにお菓子を使ったブーケが人気ですが、自分で作るとなると難しそうだと思っている人も多...

100均のペンキスプレーの基本の使い方とキレイに仕上げるコツ

100均のペンキスプレーは、手軽に手に入れることができて、ちょっとした塗装に便利です。小さめな家具の...

100均のペンキの塗り方や手順。おすすめな理由とペンキの種類

DIY人気が高まっていますが、おしゃれで簡単で手頃にリメイク出来るのが魅力ですね。手軽に始め...

スポンサーリンク

100均でも購入可能!塗装に便利なペンキローラー

100均でもペンキローラーが買えることをご存知でしたか?

塗る幅が広いとハケだけでは疲れてしまいます。ペンキローラーは、なだらかで広い部分をムラなく塗るにはうってつけのアイテム。

100均にも様々な幅のペンキローラーがあり、塗る素材のサイズに合わせて選べることができるのがポイント。

ムラなく早く塗れる

DIYをする時になかなか疲れるのが塗装の作業。ペンキローラーを使用すれば、そんなに力も使わずさっと塗ることができます。スピードが命な塗装作業も、ペンキローラーなら安心です。

頻繁に買い替えできる

ローラーは通常持ち手のハンドル部分と別々になるようになっていて、一度使ったローラーは使い捨てとなることが多いです。100均で購入することができるのなら、頻繁にローラーを買い替えしてもそこまで痛い出費とならないのでGOODですね!

ペンキローラーだけで塗りにく部分は100均の刷毛と併用

大きく広い幅を塗る時にはペンキローラーでムラなく。凹凸があったり細かい部分には、ハケを併用して、ばっちり仕上げましょう。

大小のペンキローラーを用意しておく

塗る箇所に大きい面、幅が限られているなど小さい面があるなら、小さいところはハケで塗るというより小さめのペンキローラーを用意しておくと便利です。ハケで塗るより時間短縮になります。

小さいペンキローラーだとバナナぐらいのサイズで、塗りやすいサイズ。ホームセンターで購入すると結構な値段することがありますが、100均だと安く色々なサイズを揃えることができます。ローラーのサイズには横幅だけでなく、筒径にも様々な種類があります。塗る箇所に合わせて用意しておきましょう。

細かいところはハケや筆を駆使して

凹凸がある、細かいところはハケや筆を駆使しましょう。これも100均で揃えられます。
ペンキローラーとハケを組み合わせて使うことで、より早く綺麗に塗装することができます。

100均でペンキローラーと一緒に準備をしておきたい道具

ペンキローラーを買ったならあわせて「ペンキローラー皿」「ペンキローラーバケット」も揃えましょう。ペンキを塗ってDIYをするなら必須です。ローラー皿やローラバケットは、ペンキを入れてその中にローラーを入れてペンキを含ませるための受け皿です。ローラー皿とローラーバケットの違いは持ち手がついてるかいないか。持ち上げながら塗りたい、移動しながら塗りたいという場合はローラーバケットが便利です。

特徴は、ローラーに合ったものを選べば均一に塗料を含ませることができること。また、余分についた塗料をしごいて落とすための凹凸やネットがついているので、普通のバケツより使いやすいです。

ローラーと同じく、消耗品と考えていいでしょう。価格帯も安いものなら300円~と低コストです。

ペンキ缶にペンキローラーを直接突っ込んで使うという方もいますが、初心者の方はローラー皿やバケットを使うのがおすすめですよ。

必見!ペンキローラーを使いこなすコツについて

様々なサイズがあることを知ろう

ペンキローラーの一般的な規格の横幅サイズは、4インチ~9インチ以上まであります。1インチだと約2.5センチメートル、9インチだとおよそ22センチと結構幅広いですよね。塗りたいものによって選ぶサイズは異なってきますが、とりあえず1つ揃えたいなら中間ぐらいのサイズが便利でしょう。筒径は、大きければ大きいほど塗れる面積が広くなります。約16.5φのスモールサイズは女性や子供でも扱いやすいサイズで、小物を塗る時にもぴったり。約26φのミドルサイズは中間的な大きさなので幅広く使えます。約38φのレギュラーサイズは、壁など広い面を塗りたい時に適しています。

ペンキローラーは基本的に使い捨て

ペンキローラーのローラー部分は基本的に使い捨てと思って良いでしょう。ローラー部分についた塗料を完全に綺麗にすることは難しく、都度洗うのは大変です。ペンキローラーはハンドル部分とローラー部分が別々になるので、また使いたい時はローラー部分のみ取り替えるというのが一般的です。

ペンキローラーが面倒だという方は100均のアクリルスプレーもおすすめです

ペンキローラーと同じように素早く楽チンに塗りたいけど、凹凸が多かったり、ちょっとした箇所だけ塗りたいという時におすすめなのがアクリルスプレー。こちらも100均で買うことができます。

  • ムラができにくい
    アクリルスプレーの良いところは、全体的に均一な量で吹きかけることができるのでムラができにくいこと。初心者さんにも扱いやすいです。一度に厚塗りをしないで、塗る面と平行に移動しながら吹き付けるのがポイント。2~3回重ね塗りしたら、ほとんどムラなく仕上がります。
  • 乾燥が速い
    塗料の量が均一で薄く塗ることができるので、乾燥も速いです。時間短縮にもなり手軽にDIYが可能になります。
  • 木材だけではなく鉄、プラスチックにも塗れる
    油性のアクリルスプレーならでは。色がのりにくい鉄やプラスチックにも上手く塗ることができ、用途が広がります。
  • シルバーやゴールドの色もある
    メタリックカラーや蛍光カラーなど、珍しい色もある豊富なカラーバリエーションになっています。部分的に塗りたい時にもぴったり。ゴージャスな仕上がりにしたい時や高級感を出したい時にもうってつけです。